バッティングの重要項目【割れとは?】練習方法もご紹介

サードゴロを打つバッター

野球のバッティングの極意としてよく語られる「割れ」という言葉。

野球をやっている方なら一度は耳にしたことがあるでしょう。

しかし、いきなりバッティングのアドバイスで「割れを作れ!」と言われても、実際のところよくわかりませんよね?

ただ、プロ野球選手でも、打率を残している一流の選手はスイングの際に「割れ」がしっかり出来ているのも事実です。

そこで今回は、野球のバッティングで勘違いされやすい「割れ」とはどういうことなのか、解説していきます。

割れの作り方や、割れを意識する際のポイントも含めてご紹介していきますね。

バッティングの割れとは

スイングを始動しているスラッガー

野球のバッティングの「割れ」とは、バッティングフォームでトップを作る際の上半身と下半身の相反する動きのことです。

具体的に、右打者を例にとって紐解いていきましょう。

右打者の場合、ピッチャーの投球モーションに合わせて、グリップを右肩の方向に引いてトップを作ります。

その後、スイングをしてミートに向かう過程では、左足はピッチャー側に踏み込むような動きになりますよね?

上半身(腕)はキャッチャー側に引いて、下半身(左足)はピッチャー側にスライドしていくというこの相反する動きのことを「割れ」と表現します。

画像で割れを表すとこんな感じです。

バッティングの割れを説明するための図

この割れについては、ピッチングでも同じような表現をされることもありますね。

割れの作り方

割れを上手く作るには、いくつか押さえておくべきポイントがあります。

一つずつ見ていきましょう。

  • トップを作るときに、グリップを後ろに引く
  • 重心は後ろの足に残す
  • 同時に、前側の足をピッチャー側に踏み込む
  • トップを決めて「タメ」を作る
  • 重心を後ろに残しつつ、筋肉の収縮でスイングする

バッティングの割れを作るときにイメージするべきは、弓道で弓矢を引いているときの形です。

弓矢を引いている図

弓矢の場合、前後に引く力が強ければ強いほど威力がアップします。

バッティングの割れもこれと同じで、割れがしっかり出来ているほどスイングのスピードは上がるわけです。

バッティングの割れを弓矢に当てはめると、グリップ部分が矢で、下半身のピッチャー側の足が弓になります。

ですから、トップを作るときにしっかり深くグリップを引き、逆に前方に足を踏み出すことで弓矢のようなエネルギーを溜め込みます。

そこから手を離した弓矢のように、引き延ばされた筋肉が勝手に収縮するようなイメージでスイングするのです。

割れがしっかり出来ていれば、スイングを始動してミートするまで、グリップやヘッドの移動距離が長くなります。

その分バットを加速させる時間が取れるので、強い打球が打てるわけです。

野球のバッティングにおける「割れ」は、力任せに振らなくても勝手に鋭いスイングをするために重要なテクニックだということですね。

割れがあるスイングのメリット

空振りしているバッター

バッティングの際にしっかり割れが作れていると、どんな利点があるのでしょうか?

  • パワーのあるスイングができる
  • バッティングフォームが安定する
  • ボールを見やすくなる

パワーのあるスイングが出来る

前の項でもご説明したように、バッティングの割れとは弓矢をめいっぱい引いた状態と同じです。

深いトップをしっかり作り、重心を後ろに残しつつ投手側の足を踏み込めれば、そこから爆発的なスイングスピードを生み出すことが出来ます。

勝手に速いスイングが出来るようなイメージなので、力まずに鋭いスイングが出来るようになるのです。

当然バットにもパワーが伝わりやすいスイングなので、打球の速度や飛距離は向上しますよね。

フォームが安定する

バッティングに割れがしっかりあると、自分の打撃フォームを崩されにくくなります。

ピッチャーとキャッチャーがバッテリーで協力して打者を攻略するときには、いかに打者のバッティングフォームを崩すかがテーマです。

緩急を使って、バッターの重心を前に引き出してフォームを崩した打ち方をさせれば、凡打に打ち取れる確率も上がるわけですね。

そこでしっかり割れが出来ている打撃フォームが身についていれば、トップがしっかり決まって重心も捕手側の脚に残るので、フォームが崩されにくくなります。

割れによって打撃フォームが安定すれば、緩急によって翻弄されることも少なくなるわけです。

安定したフォームは、間違いなくヒットの確率を上げることに繋がりますからね。

ボールを見やすくなる

割れがあるバッティングフォームなら、目線の位置も安定した上に振りだす準備がしっかり整うので、ボールの見極めもしやすくなります。

割れをしっかり作って、弓矢でいうギリギリまで矢を後ろに引いた状態(トップの位置)が完成すれば、あとはそこからスイングを始動するだけです。

ボールをじっくり見る時間が確保できるので、バットの芯でコンタクトできる確率も上がるでしょう。

割れが無いスイングだとどうなる?

構える少年野球の選手

それでは逆に、スイングに「割れ」がしっかり出来ていないとどんなリスクがあるのでしょうか?

  • 打球の威力が落ちる
  • フォームがすぐに崩れる
  • スランプに陥りやすくなる

打球の威力が落ちる

スイング動作で割れがしっかり出来ていないと、身体のパワーをバットに伝えられないので打球の威力は弱くなります。

腕力や体重がある人ならある程度大きな打球が飛ぶかもしれませんが、割れがあるのとないのでは、外野フライとホームランぐらいの差が出るでしょう。

割れが無いと下半身も安定しないですし、上半身の回転だけで打つことになるので、芯で捉えてもそこまで強い打球が飛ばなくなるのです。

フォームがすぐに崩れる

割れが出来ていないと、トップが決まらないのですぐに重心がブレます。

変化球の球種やコースによって、前後左右に揺さぶられたときに自分のスイングが出来なくなるでしょう。

なかなか自分のバッティングをさせてもらえず、打ち取るのが簡単な打者になってしまいます。

まずストレートなど速球系のボールを見せておいて、追い込んだら緩い変化球を投げておけば、勝手に重心が前に崩れて空振りしてくれるはずです。

割れがないとトップが定まらないので、スイングにいってから「ボール球だ!」と思っても、バットが止められません。

割れがないせいで、必然的に三振も増えます。

スランプに陥りやすくなる

バッティングは水物と言われるように、その日によって調子がまちまちです。

スランプに陥ってしまったら、再び調子を上げるきっかけを掴むまで苦労しますよね。

元々のバッティングフォームにちゃんと割れがあれば、調子が良い時のフォームに基準があるので、修正しながら戻すことも出来ます。

しかし、本来のバッティングフォームに割れが無ければ、どのように調子を戻したらいいのか基準が無いのでわかりません。

結果的に、スランプも長引いてしまうでしょう。

割れを作る練習方法

少年野球で活躍する女の子

割れを上手く作れるようにするには、意図を持って練習を繰り返す必要があります。

割れを作るのに有効な練習方法を見ていきましょう。

脚閉じスイング

左右の足を閉じて、つま先を揃えた状態でスイングをする練習です。

軸足にしっかり体重を残して振る感覚を養えるので、非常に有効と言えます。

軸足ティーバッティング

通常のティーバッティングは、ピッチャー方向に向かって打ちますよね。

割れを作るためのティーバッティングでは、あえてネットと正対するように立ちます。

そして軸足あたりにボールをトスしてもらう、または置きティーを置いて、しっかり軸足に体重を乗せて正面に向かって打ちましょう。

割れが出来ていないと強いスイングが出来ないので、自然と流れの中で割れを作る練習になります。

割れを作るときの注意点

ホームランを打つアメリカの選手

割れを意識的に作ろうというときには、いくつか注意しなければならない点もあります。

3つのコツを整理しておきましょう。

  • グリップを背中側に引かない
  • 前側の肩をかぶせない
  • 下に引いたままにしない

グリップを背中に引かない

割れを意識してグリップを引いてトップを作るとき、グリップを背中の方に向かって引くとバッティングフォームを崩す原因になります。

イメージ的には真後ろのキャッチャー方向に引きたいのですが、背中に引くとどうしても回旋動作が加わってしまいます。

上半身を後ろに捻ることになるので、スイングをする際にも再び上半身を逆向きに捻らないといけません。

上半身の回転だけを頼ってスイングすると、ピッチャー側の肩の開きが早くなってかえってバットが出てこなくなるのです。

前側の肩をかぶせない

割れを作る際に、前側(右打者なら左肩、左打者なら右肩)をホームベースにかぶせるように動かしてはいけません。

身体全体がホームベース側に捻るような動作になるので、そこから振りだすときに今度は前側の肩を思いっきり開くことになります。

肩の開きが早いと、パワーが伝わりにくい上にバットのヘッドも走りません。

ヘッドを走らせるコツは、こちらの記事でもぜひ確認してみてください。

バッティング【ヘッドを走らせるの意味】ヘッドが出てこない3つの原因

スランプの原因にもなるので、前側の肩は動かないように注意しましょう。

グリップを下に引いたままにしない

割れを作るときには、グリップを後方に引いてトップを作ります。

その際に、グリップを下げるように引いてしまうとスイングのエネルギーを生み出しにくいです。

一度下に引いてから上に持ち上げる、いわゆる「ヒッチ」という動作なら問題ありません。

割れを作ることで、バットを上から降ろす位置エネルギーも味方につけたいので、トップを作るときにグリップを下げすぎないように注意しましょう。

ヒッチ動作については、こちらの記事でも詳しく解説しています。

≫ヒッチとコック【野球で大活躍するバッターになるスイング革命】≪

まとめ:割れが出来ればパワーヒッターに

  • 「割れ」とは上半身と下半身の逆向きの動き
  • 割れができればスイングスピードはアップ
  • ボールも見やすくなる
  • バッティングフォームも安定する
  • 前側の肩をかぶせないように注意

バッティングの割れとは、スラッガーには必須のテクニックです。

引き伸ばされた筋肉が縮もうとする身体の仕組みや、バットを加速させる助走距離を稼ぐという物理的な理論を両方組み合わせた、非常に理にかなった技術と言えます。

割れをしっかり論理的に理解できれば、より一層好打者になれるはずです。

ぜひ意識して練習してみてくださいね。