コリジョンルールとは?野球のクロスプレーのルール改正や意味を解説!

スポーツにケガは付き物だといいますが、野球で最も故障が発生しやすい場面と言えば「クロスプレー」です。

本塁上で、走者と捕手が際どいタイミングで交錯するときに、選手同士が衝突して怪我をしてしまうことがあります。

しかし中には、わざとキャッチャーに向かってタックルをしにいくような悪質なランナーがいるのも事実です。

そんな背景から、主に捕手をケガから守る目的で作られた「コリジョンルール」について、その詳しいルールの詳細を解説していきましょう。

コリジョンルールとは

審判をする人

最初にアメリカのメジャーリーグで制定されたルールで、「捕手と走者の交錯を禁じる」ためのルールです。

このコリジョンルールは大きく分けて2つのポイントがあり

  • ①走者が捕手(または野手)に故意にタックルしてはいけない
  • ②ボールを持っていない捕手が、走者の走路をブロックしてはいけない

という、守備側にも走者側にも当てはまるルールがあります。

①のルールが適用された場合、走者はアウトです。

②のルールが適用された場合、走者はセーフで得点が認められます。

元々はアメリカのメジャーリーグで2014年にルールとして正式に加えられ、2016年には日本のプロ野球でも正式導入されました。

以前から野球の試合では、明らかにアウトのタイミングにも関わらず本塁上で走者が捕手にタックルをするなど、危険なクロスプレイが問題視されていた背景もあります。

2011年にMLBで起こったクロスプレーにより、サンフランシスコジャイアンツのバスターポージー捕手が大ケガを負ったことがきっかけで、コリジョンルールの議論が本格的に巻き起こりました。

そのため、コリジョンルールは別名「バスターポージー・ルール」とも言われています。

実際のプレーがこちら↓↓

コリジョンルールの意味や目的

ウォーミングアップをする選手たち

コリジョンルールの最大の目的は「選手の故障を防ぐ」ということです。

コリジョンは「衝突」という意味の英語で、ランナーと捕手の衝突に関するルールとして定められました。

ホームベース上でのクロスプレーの際、捕手がホームベースを隠すようにブロックして得点を防ぐシーンが昔からあったことは事実です。

ランナーは回り込んでスライディングをして、ホームベースにタッチしなければならず、ギリギリのプレーでは捕手と交錯することも珍しくなかったのです。

それがだんだんと、故意的に捕手を突き飛ばすような形でタックルやスライディングをする選手が出現し、「本塁でのクロスプレー=タックル」という図式が出来上がりました。

当然ながら、特に走者を待ち受ける捕手側に負傷者が続出し、このプレー自体が問題視されるようになったのです。

捕手のブロックと走者のタックルを禁止にして、無用な負傷者を出さないように定められたルールがコリジョンルールとなります。

コリジョンルールは高校野球や少年野球でも適用?

ランナーをタッチアウトにする二塁手

コリジョンルールはプロ野球だけでなく、高校野球や少年野球などのアマチュア野球でも適用されます。

むしろ、身体が出来上がっていない未成年代における野球界の方が、積極的に取り入れられています。

高校野球でのコリジョンルール事例その①

2016年春センバツ 滋賀学園-桐生第一

甲子園で初めてコリジョンルールが適用されたのがこの試合です。

7回裏の桐生第一の攻撃で、ランナー2,3塁の場面で打者がタイムリーヒットを放ちます。

三塁走者のホームインに続いて、二塁走者も本塁を狙って走塁。

このとき、捕手が左足で二塁走者の突入をブロックしました。

これが捕手側の走塁妨害としてコリジョンルールが適用され、二塁走者の生還が認められ、得点になったのです。

高校野球でのコリジョンルール事例その②

2017年明治神宮大会 日大三―日本航空石川

この年の秋に行われた明治神宮大会でもコリジョンルールの適用がありました。

9回裏日本航空石川の攻撃で、走者が完全にアウトのタイミングにもかかわらず捕手へと故意にタックル。

捕手の胸に走者の左ひざが激突し、捕手がミットからボールをこぼしているうちにランナーがホームを踏みました。

これを審判団が協議して、コリジョンルールの適用(守備妨害)としてアウトにしたのです。

このときの捕手は、担架で球場外へと運ばれ救急車で搬送されるほどの怪我を負ってしまいました。

コリジョンルールで変わった捕手の動き方

構えるキャッチャー

コリジョンルールが適用される場面は、次のように明確な定義がされています。

  • ①走者が明らかに守備側選手に向かった場合、守備側が明らかに走者の走路を妨害した場合に適用する。
  • ②守備側は基本的に「本塁の前」を立つ位置とする。
  • ③送球が逸れた場合など、走路に入らなくては守備ができなかった場合は適用しない。
  • ④立つ位置が不適切なら、衝突が無くても警告を与える場合がある。

この4項目に気を付けながら、守備を行う必要があるのです。

以前までは捕手が走者の走路を足でブロックして、ホームベースを隠すようにするのも当たり前に行われていました。

コリジョンルールが制定された後、キャッチャーの動き方も変わることとなったのです。

レフト方向からの送球時の立ち位置

コリジョンルールで特に気を付けなければならないのが、レフト方向から送球が来るときです。

捕手はなるべく早くボールを捕りたいので、どうしても走路に近いところに身体を乗り出すようになってしまいます。

3塁線上に立ち位置を取ってしまうと、走塁妨害とみなされてコリジョンルールが適用されてしまうかもしれません。

本塁から見て、少しピッチャーマウンドの方にズレて立ち位置を取るべきでしょう。

センター・ライト方向からの送球時の立ち位置

センター方向、またはライト方向から送球が来る場合、ランナーが走ってくる方向とは逆からボールが来る形となります。

最初の立ち位置をホームベースから見てマウンド寄りか、ホームベースをまたぐ形で待っているのが良いでしょう。

こんな感じ↓

送球が逸れて走路にかぶってしまうのは仕方ないので、最初の立ち位置に気を付けて守備を行うべきですね。

コリジョンルールで変わった走者の動き方

ヘッドスライディングするランナー

コリジョンルールが公式となる前、たしかにランナー目線ではキャッチャーとの衝突が避けられない場面も多々ありました。

コリジョンルールは基本的に捕手の怪我を守る目的がありますから、走者は絶対に故意的に捕手に向かってスライディングをしてはいけません。

  • 走者が明らかに守備側の選手に向かった場合

ランナー目線でコリジョンを回避するには、これだけ気を付ければ良いのです。

避けるようにスライディングして手だけを伸ばすなど、技術が必要になりました。

まとめ:コリジョンルールは怪我防止の意味がある

コリジョンルールは、選手の怪我を防止するためには必要なルールです。

確かにクロスプレーは迫力がありますが、選手が故障しては元も子もありません。

激突という派手な演出の代わりに、選手の高度なスライディング技術など、走塁スキルのアップに繋がると良いですね。